埼玉県熊谷市の整形外科・耳鼻咽喉科 医療法人メディチ会 酒巻クリニック

酒巻クリニック院長
整形外科 酒巻 治彦
日常生活、仕事、スポーツ活動での、首、腰の痛み、肩や膝など腕や脚の関節の痛み、しびれなどの障害を、患者さんと一緒に考えながら、より良い医療を提供できるよう心掛けています。

【診療科目】 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科


骨折や捻挫などの外傷(ケガ)

上肢、下肢や体幹部の骨折、捻挫などの外傷(ケガ)

関節の病気・リウマチ

股関節、膝関節、足関節、肩関節、肘関節、手関節などの加齢性の関節症、
リウマチや外傷(ケガ)など

脊椎脊髄の病気

頚椎、胸椎や腰椎部の痛み、変形、下肢のしびれや麻痺、骨粗しょう症、脊椎の外傷(ケガ)など

手、足の病気

肩部・肘部・手指、また、股関節部から足先までの痛み変形、運動障害、しびれや外傷(ケガ)など

スポーツ外傷

青少年の野球やサッカーなどのスポーツに伴う外傷(ケガ)や痛み、および中高年者のレクリエーションスポーツやウォーキングなどに伴う痛みなど

小児の整形外科的な病気

小児の脊柱変形、上肢、下肢の変形や先天異常、歩行障害や関節の痛みなど


ページトップへ >


それぞれのそれぞれの患者さんに合った治療方法を選びます。
安静、薬物療法、リハビリなどの理学療法、装具療法、手術療法などがあります。
薬物療法

・内服薬(鎮痛剤、しびれ止め、筋弛緩剤、血行促進剤、抗生物質、ステロイド剤など)
・外用薬(冷シップ、温シップ、塗り薬など)
・注射・注入薬(関節注射、局所注射、静脈内注射、腱鞘内注射、神経ブロック注射、骨粗しょう症注射など)

装具療法

症状が落ち着くまで一時的に使用したり、症状の進行を防いだりするために使用します。

骨折、脱臼の整復、固定

レントゲン検査で確認しながら徒手整復します。局所の安静を保つために弾性包帯固定やバンド固定、ギプス固定、シャーレ固定を行います。

超音波マッサージ

青少年の野球やサッカーなどのスポーツに伴う外傷(ケガ)や痛み、および中高年者のレクリエーションスポーツやウォーキングなどに伴う痛みなど

手術療法

傷を縫合したり、腫瘍やおできを切除したりします。巻き爪の処置ややけど、擦り傷の消毒も行います。


精密検査や入院・手術が必要と考えられる状態の場合には、専門的な治療を行っている病院を紹介致します。

 【整形外科の主な紹介先】

       深谷赤十字病院、熊谷総合病院、群馬大学病院

ページトップへ >

 

リウマチは、似たような症状を呈する他の病気と見分けるのが難しいケースも少なくない病気です。また、リウマチの診断および治療には専門的かつ高度な知識が必要とされます。当院は「リウマチ科」を標榜する整形外科ですので安心して受診して頂けると思います。
手足や手首の関節のこわばり・痛み・熱や腫れなど、気になる症状のある方は、早めにご相談ください。

リウマチとは

正式には関節リウマチと呼びます。以前は慢性関節リウマチと呼んでいたのですが、関節リウマチは早期発見、早期治療が必要であることが最近わかってきたので呼び名が変わりました。関節リウマチは主に関節の痛みや腫れという症状が現れます。しかし全身の病気で、肺炎や血管の炎症も起こります。 一番症状が現れやすいのが手や指の関節ですが、その原因はよくわかっていません。進行すると関節の滑膜が異常に増え関節の中の軟骨、さらに骨が破壊されてしまうというのが主な症状です。リウマチに罹患している方は全国で60万人くらいいると推定されています。

リウマチの症状

朝起きたときに手がこわばることから始まることが多いです。手・指の関節の腫れや痛みで始まることあります。左右の関節に対称性に腫れや痛みが出ることが多いです。疲れやすくなったりしたり、それほど高い熱ではないですけど微熱が続くとかいうような症状が出ます。

リウマチ検査

血液の検査やレントゲン検査を行うことも重要ですが、検査では異常が出ない人もいます。診断には全身の症状やいつごろからどのように症状が出てきたがなどの情報が重要です。

リウマチの治療

治療は薬物療法が基本であり、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤が用いられます。補助療法として、ヒアルロン酸製剤の関節内注射が行われることもあります。リハビリテーション・理学療法も有効です。

リウマチは早期発見、早期治療が必要な病気です。
気になる症状がありましたら、悩まずにお気軽にご相談ください。


ページトップへ >


病気や怪我等により日常生活、職業復帰、スポーツ復帰に困難な方に対して、その方々の個人的な目的と要望に沿った満足していただけるリハビリテーション医療をご提供いたします。
整形外科疾患、神経疾患などの機能回復訓練や痛みに対する物理療法のリハビリなどを幅広く実施しています。
物理療法とは
温熱、牽引、干渉波などの器具を用いて病状の緩和を図る療法です。
以下のような症状でお困りの方ご相談ください。

けが(骨折、脱臼、打撲、捻挫、きずなど)、交通事故等でのむち打ち、長く続く肩こり、五十肩、手があがらない、後ろに手がまわらない、肘の痛み、手のしびれ、こわばり、腱鞘炎、背中・肩の痛み、ぎっくり腰、坐骨神経痛、ひざの痛み、はれ、変形、外反母趾、爪のくい込みによる炎症、スポーツ障害・・腰痛、野球肘、野球肩、オスグット病、ジャンパー病、リウマチ、痛風、骨粗しょう症


ページトップへ >

整形外科
診療内容
治療内容
診療時間
リウマチ科
リハビリテーション科
copyright© 酒巻クリニック all right reserved