埼玉県熊谷市の整形外科・耳鼻咽喉科 医療法人メディチ会 酒巻クリニック
(1) トリアージ
① 耳鼻咽喉科の患者さんの受診申し込み時には、医療事務職員が症状の他に新型コロナ感染の可能性に関する事情も詳しくお尋ねし、予診票を作成しています。
② 予診票はできるだけ早く医師が目を通し、通院歴のある方に関してはカルテも参照して検討し、トリアージしています。
(2) 診療時間帯の設定
トリアージに応じて予約時刻を分け、感染症と思われる患者さんとそうでない患者さんの動線を時間的に分離しています。
(3) 患者さん毎に動線を分離
患者さんにはお車で待機していただき、医師が電話で問診してから適切なタイミングで院内にお呼びすることで、患者さん同士の時間的・空間的動線の分離を図っています。
(4) 対面診療の効率化・時間短縮
医師が専用電話により予め十分に問診を行ってから院内にお呼びします。これにより、対面診療・院内滞在時間の短縮を図っています。
(5) 受付でのチェック
全ての患者さん・付き添い者に対して、受付時には毎回、非接触型体温計にて検温・体調確認の問診・手指アルコール消毒をお願いしています。
(1) 接触感染対策
① 患者さん・職員がよく触れる物品を次亜塩素酸ナトリウムで清拭
② アルコールによる手指消毒・手洗い励行
③ 耳鼻咽喉科の診察時には、患者さん毎に手袋を交換しています。
(2) 飛沫感染対策
① 患者さんにマスクの着用をお願いしています。
② 職員のサージカルマスク・眼鏡着用を徹底しています。
③ 受付カウンターにビニールシートを設置しています。
④ 耳鼻咽喉科の診察では、できるだけビニールシート越しにお話し、検査・処置の際はフェースシールドを使用しています。
(3) エアロゾル感染対策
① 換気
エアコンを使わなくても我慢できる気温の時には、常時窓を全開にし、全室で換気扇を回し続けています。
エアコンを使わないと寒い時は、全室、熱交換器付き換気扇(ロスナイ)にて常時換気をしています。さらに、1回/時間, 5分/回 全室で窓を全開にし、扇風機を用いて強制換気をしています。
患者さんには暖かい服装でおいでくださるようお願いします。
② 紫外線による空気の清浄
耳鼻咽喉科の診察室には 空気循環式紫外線清浄機(エアーリア コンパクト)を設置しています。無症状・潜伏期の方の診察・検査などによって図らずも多少のエアロゾルが発生したとしてもウィルスを不活化させ感染を防いでいます。
(4) 待合室で患者さん同士の感染を防ぐための対策
すべての患者さんにできるだけ車での待機をお願いして待合室の密を減らし、トリアージにより感染症の患者さんを待合室でお待たせしないようにしています。
① 朝夕検温し、記録しています。
② 少しでも体調不良の場合は電話などで連絡させ、出勤させず、回復するまで休ませます。
③ 職員にはプライベートでも感染予防策を徹底させ、日頃から家庭内感染の対策もさせています。
④ 職員同士の感染予防
就業前後にマスクを着けずに近接で話をすることや、マスクを着けていても長時間の私語は禁じています。
 昼食・休憩中もディスタンシングをとっています。
 当院では厚生労働省・日本医師会・日本感染症学会・国立感染症研究所・WHO・日本耳鼻咽喉科学会などから発出される最新の知見を渉猟し、当院の医療圏・患者さんの行動範囲の感染状況を考慮しつつ、随時感染防御策を見直し実践してまいりました。
 特に注意すべきことは、COVID-19は感染しても無症状の場合(不顕性感染)があることや、発症の2日程前から唾液にウィルスが出るため、無症候の感染者が他者に感染させてしまう危険性がある点です。そのため基本的には全ての患者さんがウィルスを持っている可能性があると仮定して対策をしなければなりません。
 決して院内感染を起こさず、全ての患者さんが安心して受診できるよう最善を尽くしておりますので、当院の対策にどうぞご理解いただき、ご協力をお願いいたします。
  問診に対する虚偽のお答えや、待機や院内への立ち入りについて指示に従っていただけないことによって、万が一院内感染が起こり、当院に損害が生じた場合は法律的な措置を取らせていただく可能性もございます。十分にご注意をお願いいたします。
copyright© 酒巻クリニック all right reserved